•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    三上悠亜は従業員が自分自身を成長させるための条件を意図的に作り出しましたが、彼の不器用な性質のためにこの女上司を喜ばせることができませんでした。彼女は彼に2部屋予約するように頼んだのですが、彼は遅刻したため、1部屋しか残っていませんでした。熱意を持ってと真摯な言葉で指示を出していたが、興奮しすぎたようで男の欲情に火をつけるような刺激的な言葉を言ってしまった。